>

リフォームを行う時期に配慮しよう

各場所のリフォーム時期の見極め

ここでは、マンションリフォームに最適な時期を見ていきたいと思います。
新築か中古かでも状態は変わってきますので、あくまで目安として参考にしてみてください。
中古マンション購入時には、どれほどの築年数でどういった構造になっているのかをきちんと調べておきましょうね。

まず5年~10年経過すると、細かな破損・汚れが目立ち始めます。
早めのメンテナンスですと簡単なリフォームで済みますので、短期間で低価格で工事が可能でしょう。
10年~15年経過したあたりから、水回りのトラブルが出始めます。
キッチン・浴室・トイレなどはきちんと点検しておきましょう。
いきなり壊れてしまうと非常に不便なエリアでもありますので、普段は不具合を感じなくても一度業者に見てもらうと良いでしょう。
15年~20年も経過してくると、構造部の見えない部分に不具合が出てきます。
この時期には、一度業者に総点検を依頼しましょう。

共用部分の工事・メンテナンス時期

もうひとつリフォームのタイミングについて考えたいのが、他の工事の時期と重ならないかという点です。
他の工事というと、共用部分での工事やメンテナンス作業を指します。
なぜ避ける必要があるのかというと、リフォーム資材の搬入や業者の出入りが重なると様々なトラブルにつながりかねないためです。
そのためリフォーム時期を業者と相談する前に、マンション共用部のリフォーム時期を確認しておくとスムーズでしょう。

また、タイミングについては工事を行う曜日や時間についても配慮が必要です。
このあたりは、ちゃんとしたリフォーム業者であれば依頼主と相談しながらしっかりと進めてくれるはずです。
ただし依頼する側も、たとえば朝の通勤・通学時間帯にリフォーム資材の搬入を行ってエレベーターを占領してしまうことがないような配慮が必要だ、という認識は持っておいてくださいね。


この記事をシェアする