>

マンションリフォームの基本的な流れ

専有部分

専有部分は、居住者個人の持ち物ということでリフォームが可能なエリアです。
具体的には内側の部分、居室・内装材・建具・住宅設備等がこれ含まれます。
各部においての細かな注意点もあるますので、確認しておきましょう。

たとえば玄関では、ドア等をすべて交換したり外側を塗装したりすることは禁止となります。
しかし内側については塗装をはじめとしたリフォームが可能です。
また、内装に関しては基本的にすべてリフォームが可能となりますが、マンションによっては床材の性能レベルに関する規定が設けられていることもありますので、要確認です。
小さな子供がいるなどの家庭環境に応じて、消音対策といった階下への配慮も必要となってくるでしょう。

共用部分・専用使用部分

共用部分は、マンション建物所有者の持ち物にあたりますので、リフォームが禁止のエリアです。
専有部分以外のすべての場所が該当します。
たとえば外壁・共用廊下・階段やエレベーター・玄関ホールなどが挙げられます。
もちろん、このようなエリアは居住者によるリフォームは不可ですよね。

専用使用部分は、居住者が普段「専用に使用している」共用部分の事です。
ベランダ・玄関扉・サッシや窓・トランクルームなどが該当します。
これらは居住している所有者が使っているものであっても、建物外観等の統一性を損なわないようにするため、リフォームが禁止されています。
たとえばバルコニーは、外観を損なわない範囲でのリフォームは基本的に可能ですが、緊急時には避難経路として用いられるので、管理組合への確認が必要です。


この記事をシェアする