マンションリフォームを行う上で注意したいこと

マンションリフォームの注意点

マンションリフォームの基本的な流れ

マンションリフォームならではの注意点として、どの範囲が工事可能なのかを知っておくことが大切です。 リフォームが可能なのは、個人の所有物として認められる「専有部分」に限られています。 「共用部分」や「専用使用部分」とされる場所はリフォームができませんので、その範囲を把握しておきましょう。

今後のご近所付き合いも考えよう

戸建て受託とは違って、近隣住民との物理的な距離がどうしても近くなってしまうのがマンションび特徴です。 マンションリフォームを行う際には、両隣だけでなく、上下階の住民、さらにフロア内の特にエレベーター周辺の住民の方々への配慮が大切になってきます。

リフォームを行う時期に配慮しよう

不用なトラブルを避けるためには、マンション共用部の工事等と重ならない時期にリフォームを行うのがベターでしょう。 スムーズにリフォーム工事を進めていくためにも、配慮しておきたいポイントです。 さらに、年数に応じた適切なリフォーム時期についても併せてご紹介しておきますね。

おすすめリンク

柏のリフォーム補助金情報

市の補助金制度は上手く利用しよう!柏のリフォーム補助金制度について解説いたします。

リフォーム可能な範囲を把握しよう

より快適な暮らしのため、補修工事のためなど、リフォームの目的は様々です。
しかしいずれにせよ、大切な住宅を安全に長持ちさせるためには、定期的なリフォームを行うことが重要です。
適切な時期に、適切なメンテナンスを行うことをおすすめします。

このサイトでは、特にマンションリフォームを行ううえで注意したいことをまとめています。
戸建てでなくマンションだからこそ気をつけたいポイントもたくさんありますので、ぜひ参考にしてくださいね。

まずここでは、マンションの特色とは何かを改めて述べておきます。
1つ目は、自分の所有しているエリアと、共用スペースがあるということです。
2つ目は、戸建てに比べて近隣との距離が近いということです。
上記のようなマンションの特徴をもとに、リフォームを行うときの注意点について考えていくと良いでしょう。

1つ目の特徴からは、リフォームできる範囲が自己所有の部分に限られるということが考えられますよね。
2つ目の特徴からは、ご近所の方々に迷惑をかけないこと、事前に工事に関する報告をしておくことなどが必要だとわかります。
そして両者の特徴から、リフォームを行う時期についてもしっかりと考えておく必要がありそうです。
共用スペースにおけるリフォーム工事と重ならないようにするというのも、マンションならではの配慮だと言えるでしょう。
このあと、各項目の注意点についてさらにくわしくご説明していきたいと思います。